札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

  • HOME
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 特別受益・寄与分
  • 相続手続き
  • 遺言
  • 高齢者
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • HOME
  • 遺留分と遺留分減殺請求

遺留分と遺留分減殺請求

画像 045.jpgのサムネール画像  
 
遺留分は、放っておいても当然にもらえる、というわけではなく、請求する必要があります。これを遺留分減殺請求と言います。
 
例えば、被相続人が遺言や生前贈与で、全財産を特定の子供だけに譲るとか、愛人に譲る、というような場合に、遺留分減殺請求を行うことができます。
 
各相続人の遺留分として定められているのは、以下の通りです。

法定相続人が配偶者と子の場合

配偶者:相続財産の1/4
子:相続財産の1/4

法定相続人が配偶者と親の場合

配偶者:相続財産の1/3
親:相続財産の1/6

法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者:1/2
兄弟姉妹:遺留分なし
 
 
※同順位の相続人が複数いる場合は人数に応じて均等割りとなります。
 
・遺言書が出てきたが、自分の遺留分が侵害されている
・遺留分減殺請求を行いたい
 
このような場合は、弁護士にご相談ください。

遺留分についてはこちらもご覧ください

●遺留分と遺留分減殺請求 ●遺留分減殺請求を行うには ●遺留分減殺請求をされたら


ImgTop2.jpg
●当事務所の相続問題解決の特徴 ●当事務所の解決事例 ●事務所紹介
●弁護士費用 ●弁護士紹介 ●アクセスマップ

北海道札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL:011-281-0757 (9:00~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元札幌市の法律事務所です。
Copyright (C) 2015 村松法律事務所 All Rights Reserved.