札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

  • HOME
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 特別受益・寄与分
  • 相続手続き
  • 遺言
  • 高齢者
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • HOME
  • 遺産分割の訴訟について

遺産分割の訴訟について

sakura.jpg  
相続が発生して、相続人の間で遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てて、法的手続きをとることができます。また、調停がまとまらない場合には、審判手続きに移行し、裁判官が審判を行います。
 
但し、そもそも遺産分割協議を行うにあたり、相続財産の範囲や遺言の有効性といった事実関係の認定の段階で主張が対立している場合には、民事訴訟を申し立てて、判決を受けるという方法があります。
協議や調停の段階で、これらの事実関係に争いがある場合で、話し合っても平行線を辿ることは必至と思われる場合には、訴訟も視野に入れるべきです。

訴訟を提起するかどうかの判断は、相続の全体像の中で、訴訟の結果などを想定して行うべきです。
 
遺産分割の訴訟の流れや、訴訟になった場合の可能性などについては、事前に弁護士にご相談ください。
 

遺産分割についてはこちらもご覧ください

●遺産分割問題 ●遺産分割問題解決の流れ ●相続調査について
●遺産分割協議と遺産分割協議書 ●遺産分割調停と審判 ●遺産分割の訴訟について


ImgTop2.jpg
●当事務所の相続問題解決の特徴 ●当事務所の解決事例 ●事務所紹介
●弁護士費用 ●弁護士紹介 ●アクセスマップ

北海道札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL:011-281-0757 (9:00~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元札幌市の法律事務所です。
Copyright (C) 2015 村松法律事務所 All Rights Reserved.