札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

  • HOME
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 特別受益・寄与分
  • 相続手続き
  • 遺言
  • 高齢者
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • HOME
  • 弁護士と他士業の違い

弁護士と他士業の違い

resize2633.png  

インターネットで相続の専門家をお探しの方は、法律事務所だけでなく、司法書士や行政書士、税理士事務所など、様々な業種が相続問題とかかわっているため、それぞれどのような分野を業務領域としているのか、分かりにくいと感じておられるのではないでしょうか?
 

士業は国家資格ですので、法律で、どの士業が何を行うことができ、何を行うことができないのかが定められています。下の表は、各士業の業務領域をまとめたものです。

 
項目 弁護士 司法書士 行政書士 税理士
相続調査
遺産分割協議書作成
代理人として交渉      
裁判所における調停      
裁判所における審判      
相続登記    
相続税申告      
 
弁護士は、遺産分割において、相続人の代理人として、他の相続人と交渉を行い、交渉で決着がつかない場合には裁判所における調停や審判、そして裁判を代理することができる唯一の資格です。
 
時折、税理士や他の資格者が、相続人の代理人であるかのように振舞って、遺産分割協議書に捺印を求めたりすることがあると依頼者の方から伺うことがありますが、他の士業資格者は代理人になることはできません。(法律で禁じられています。)
 
単に相続登記が必要な場合は司法書士の先生に、相続税の申告が必要な場合は税理士の先生にご相談する方が良いでしょう。
しかし、遺産分割で揉めている場合や、今後揉めそうな場合、手続の概観を知りたいといった場合でしたら、是非一度弁護士にご相談されることをお勧めします。
 

ImgTop2.jpg
●当事務所の相続問題解決の特徴 ●当事務所の解決事例 ●事務所紹介
●弁護士費用 ●弁護士紹介 ●アクセスマップ

北海道札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL:011-281-0757 (9:00~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元札幌市の法律事務所です。
Copyright (C) 2015 村松法律事務所 All Rights Reserved.