札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

  • HOME
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 特別受益・寄与分
  • 相続手続き
  • 遺言
  • 高齢者
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • HOME
  • 相続でお悩みの方へ

相続」が「争続」とならないために

「お菓子なら仲良く分けた幼き日」

画像 045.jpg  
仲が良かった兄弟が歳を重ねて親の財産を相続する場面になると、骨肉の争いとなることが少なくありません。サラリーマンが一時に大きな財産を得るのは、退職金か遺産相続です。本人が揉めずに遺産分割協議に臨もうとしても、妻や子供や孫等の意向を無視できません。
相続は突然に起こります。
 
親や親しい人が亡くなるだけでも痛ましいことですが、それに伴って、相続争いが起こってしまうのではないかと考えると、精神的負担は非常に大きなものになります。
また、多くの方からすると、相続というのは経験が無く、初めての経験でしかも高額の財産の移動を伴う手続に戸惑われる方がほとんどではないでしょうか。

そのような相続において、最も重要なのは、相続に当たって正確な知識を持つことだと考えます。
 
正確な知識を持っていない場合、相続争いが生じる可能性は高まってしまいます。
遺産分割で相続人同士が揉めるのは、当事者の誰かが、自分の都合の良いように理不尽な主張をしていることが理由となっていることが非常に多いのです。
 
このほか、相続に当たっては、税金の問題や登記の問題なども付随します。
 

弁護士を活用されてはいかがですか

「相続」が「争続」とならないためにも、司法書士や税理士等の他の士業と違い、話し合いから調停や裁判まで広く強力な権限を持つ弁護士だけが、あなたの味方としてあなたに寄り添いあなたに代わり責任を持って全ての手続きを行うことが出来ます。
 
問題の一部を棚上げにするのではなく、全体の解決をすることが最も重要です。
 
もちろん、相続人間で合意が形成できるのであれば、弁護士の役割は全体の手続の流れを説明するのみになると思われます。
 
ただ、一旦、当事者同士で感情的に揉めてしまうと、解決までに膨大な時間がかかることが多く、当事者間での解決は困難となってしまいます。
 
弁護士は、このような場合に、最終的に訴訟になってしまったことまでを想定して、あなたがどのように交渉・行動すべきかをアドバイスすることができます。また、場合によっては、あなたの代理人として、あなたに代わって、相手方と交渉することもできます。
 
相続人間で合意が形成できる見込みが無い場合、相続人間で既に紛争になってしまっている場合など、様々な場面が考えられますが、正確な知識をもって手続を行うため、できるだけ早いタイミングで、弁護士にご相談ください。
 

この解説書の活用のポイント

次の問題を抱えている人にとっては、以下の項目を重点的にお読みになると問題点をより良く理解できます。
 

相続が発生している方

 これからの相続を迎える方

 

ImgTop2.jpg
●当事務所の相続問題解決の特徴 ●当事務所の解決事例 ●事務所紹介
●弁護士費用 ●弁護士紹介 ●アクセスマップ

北海道札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL:011-281-0757 (9:00~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元札幌市の法律事務所です。
Copyright (C) 2015 村松法律事務所 All Rights Reserved.